今日中に5万円借りたい!即日融資可能なおすすめカードローン5選

この記事でわかること

・今日中に5万円借りられる場所
・今すぐ今日中に5万円借りる方法とその理由
・今日中に5万円借りる前の注意点
・カードローン以外に今日中に5万円借りる方法

「支払い請求の期日に間に合わない」「緊急で治療費が必要になった」など、今日中に5万円必要な状況でも焦ってはいけません!お金を借りられる場所はたくさんありますが、中には悪徳業者も存在するため注意が必要です。

今回は、今日中に5万円借りられる場所や安心して利用できるところについて、詳しく解説します。

  1. 今日中に5万円借りたいならカードローンがおすすめ
    1. 今すぐ5万円借りたいなら消費者金融のカードローンが最適
  2. 今日中に5万円借りたい人が選ぶカードローン5選
    1. アイフル
    2. レイクALSA
    3. プロミス
    4. アコム
    5. SMBCモビット
  3. 今すぐ5万円借りたい人に消費者金融のカードローンが最適な理由
    1. 最短1時間で即日融資してくれるのは消費者金融だけ
    2. 1万円からの少額融資が可能で借入金額を自由に決められる
    3. 無利息期間サービスがあり、期間内なら借りた分だけの返済で済む
    4. 家族や会社にバレずにキャッシングが可能
      1. web申し込みでカードレスを選択したら郵送物が届かない
      2. 会社バレが心配な人が電話での在籍確認をなしにする方法
    5. 24時間いつでも申し込みができる
    6. アルバイト・パートなど正社員以外でも借り入れが可能
  4. 消費者金融で今日中に5万円を借りるための注意点
    1. 即日融資が確実な午前中に申し込む
    2. 申し込みに必要な情報を間違って入力しない
    3. 申し込み時の連絡先は携帯にしておく
    4. 借入希望金額は低めにして申請する
  5. 5万円借りた場合の利息は?返済シミュレーション
  6. 今日中に5万円借りたい人には銀行系のカードローンは不向き
    1. 少額融資に対応していない
    2. 審査基準が厳格化している
    3. 審査に時間がかかるため即日融資に非対応
  7. 今日中に5万円借りる方法は他にもある
    1. 家族や知人に借りる
    2. 質屋
    3. クレジットカードのキャッシング
  8. まとめ:今日中に5万円借りたいなら消費者金融のカードローンが1番おすすめ

今日中に5万円借りたいならカードローンがおすすめ

誰にも迷惑をかけずに今日中に5万円借りたいなら、カードローンが便利です。まとまった金額なら審査などに時間がかかりますが、5万円の少額融資なら最短1時間でお金を借りることも可能です。

しかし、カードローンの利用といえば、あまり良いイメージを持たない人が多いでしょう。

カードローンといえば、高額な利息などリスクの高さが目立ちますが、金融庁は過剰な貸付けや返済残高の増加傾向を受けて、銀行カードローンの実態調査をおこなっています。昔のように、返済が難しい状況の人への貸付けなどは、金融庁から厳しい指摘があるのでお金を借りる側もムリのない範囲で利用できるようになりました。

今すぐ5万円借りたいなら消費者金融のカードローンが最適

カードローンは大きく分けて「銀行と消費者金融」の2つあります。今すぐ5万円借りたいなら、消費者金融系のカードローンがおすすめです。

担保や連帯保証人なしは銀行カードローンも同じですが、申込みから審査時間が早くインターネット完結も可能です。「今日中に5万円がどうしても必要!」とピンチなときでも、店舗にわざわざ出向くことなくお金が借りられます。

今日中に5万円借りたい人が選ぶカードローン5選

数ある消費者金融カードローンの中で、今日中に5万円借りたい人が選んでいるのが「アイフル、レイクALSA、プロミス、アコム、SMBCモビット」の5社です。

各社の実質年率や融資までの最短時間など、詳しく確認していきましょう。

 

アイフル

実質年率 3.0%~18.0%
限度額 800万円まで
即日融資
無利息期間 最大30日間

アイフルはインターネットから申込み後、フリーダイヤルに電話することで審査時間を短縮できます。申込みや審査結果などすべてWEB完結できるので、とにかく急いでいる時に便利です。アイフルスマホアプリを利用すれば、カード発行なしでセブン銀行ATMから5万円借りられます。

 

レイクALSA

実質年率 4.5%~18.0%
限度額 500万円まで
即日融資
無利息期間 最大60日間

レイクALSAは21時(日曜日は18時)の契約手続完了で最短60分の融資が可能です。審査や必要書類の提出はすべてインターネットで完了でき、郵送不要なので今すぐ5万円借りられます。借入れ方法が新生銀行レイクATMやコンビニや銀行など提携ATMが利用できるので、外出中に5万円必要になったときに便利です。

 

プロミス

実質年率 4.5%~17.8%
限度額 500万円まで
即日融資
無利息期間 最大30日間

プロミスの振込キャッシング「瞬フリ」は、24時間365日最短10秒で5万円借りられます。24時間振込可能な金融機関の口座が必要なので、三井住友銀行やインターネットバンクなど利用している人におすすめです。振込手数料0円、手続き完了後に会員サービスにログインすると今すぐ5万円借りることが可能です。

 

アコム

実質年率 3.0%~18.0%
限度額 800万円まで
即日融資
無利息期間 最大30日間

アコムは審査時間が最短30分、24時間365日振込も可能です。申込みから契約まで、すべてインターネットで完了できるのでムダな時間がありません。自動契約機(むじんくん)でカードを受け取った後は、アコムATMやコンビニなどの提携ATMから5万円を借りられます。楽天銀行があれば24時間、最短1分で振込してもらえるので便利です。

 

SMBCモビット

実質年率 3.0%~18.0%
限度額 800万円まで
即日融資
無利息期間 なし

SMBCモビットへインターネット申込後、フリーコールへ電話するとすぐ審査してもらえます。電話で審査結果を報告してもらえ、会員登録もその場で完了するので今日中に5万円用意できます。平日14:50までに手続完了すれば口座振込を当日中にしてもらえ、それ以外はモビット契約機か三井住友銀行内ローン契約機でカードを受け取ると提携ATMから引き出せます。

今すぐ5万円借りたい人に消費者金融のカードローンが最適な理由

消費者金融のカードローンが、今すぐ5万円必要なときに大助かりです。スピーディーに融資してもらえる以外でも、おすすめの理由がいくつかあります。消費者金融カードローンをおすすめする理由を詳しく説明します。

 

最短1時間で即日融資してくれるのは消費者金融だけ

消費者金融カードローンといえば、審査と融資時間の早さです。銀行カードローンに比べると金利の高さが気になりますが、5万円借りるなど少額融資を希望する人向けにサービスを提供しています。

少額融資は返済に対する信用度が高いため、審査時間も短縮できます。その結果、銀行カードローンに比べて、次のようにサービスが実現できるのです。

消費者金融 銀行カードローン
審査時間 最短30分 最短翌営業日
融資までの時間 最短60分 最短2営業日
即日融資 ×

申込方法などによって5万円借りるまでの時間は異なりますが、銀行カードローンとは比べ物にならない早さで利用できます。

 

1万円からの少額融資が可能で借入金額を自由に決められる

消費者金融カードローンの多くは、最低1万円から借入金額を決められます。プロミスの場合、振込キャッシングに限り1円単位で借入額が決められるので、利息が気になる人は最低借入金額を確認するのもポイントです。

カードローンから5万円借りる際、振込手数料にも注意しましょう。一般的に提携ATMから5万円借入れすると約210円の手数料が発生します。

このページでご紹介する「アイフル、レイクALSA、プロミス、アコム、SMBCモビット」に関しては、振込み手数料0円で5万円借りられるので便利です。

 

無利息期間サービスがあり、期間内なら借りた分だけの返済で済む

消費者金融カードローンは「最大30日間の利用で無利息」など、返済金額を軽減するサービスが充実しています。もちろん、30日以内に返済すれば5万円だけで済みます。

しかも、無利息サービスは期間内であれば借入れと返済を何度も繰り返して利用することも可能です。無利息サービスのある消費者金融から借りた5万円を1週間で返済し、次の日にまた5万円借りて1週間後に返済しても、利息が発生しません。

大きな負担の利息を節約できるので、初めてでも返済に不安なく利用できます。

 

家族や会社にバレずにキャッシングが可能

消費者金融カードローンは、手続方法によって家族や会社へバレずに利用できます。キャッシングする際に周囲に知られてしまうポイントが「郵便物」と「在籍確認」です。

2つのポイントをなしにする方法を、詳しくご紹介します。

  

web申し込みでカードレスを選択したら郵送物が届かない

消費者金融へ申し込みするときは「web申し込み→カードレス」を選択しましょう。契約後、どのような方法で5万円借りるか選べるのですが、公式専用アプリの利用もしくは無人契約機でカードを受け取ることで自宅へ郵便物が届きません。

  

会社バレが心配な人が電話での在籍確認をなしにする方法

カードローンの申込みで必ず在籍確認をおこないますが、消費者金融が指定する条件をクリアした人のみ電話なしにできます。例えばプロミスなら「三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行」の口座をいずれか保有、または社会保険証(組合保険証)の提出で電話による在籍確認なしです。

アイフルやアコムは「私用の電話は取り次いでもらえない」などの事情で、電話以外の方法で在籍確認をおこなってもらえます。ただし、審査担当者や消費者金融によって対応が異なります。

 

24時間いつでも申し込みができる

消費者金融はインターネット申込みに限り24時間いつでも利用可能です。自動契約機や電話で申込みできますが、営業時間があるので早朝や夜間に今すぐ5万円借りたいと思ったときは不便です。

Web契約後はコンビニなど提携ATMからお金を借りられるので、ATMのメンテナンス時間を除く24時間いつでも利用できます。

 

アルバイト・パートなど正社員以外でも借り入れが可能

消費者金融は収入の低いアルバイトやパート、契約社員、派遣社員の申込みも受け付けています。銀行カードローンのように「年収◯◯円以上」や「正規雇用労働者」など決まりがありません。

安定した収入があれば、正社員以外でも今日中に5万円借りることができるので、急いでいるときも安心です。

消費者金融で今日中に5万円を借りるための注意点

消費者金融は急ぎの人や正社員以外でもお金を借りられますが、利用する前にいくつか注意して欲しいポイントがあります。今日中に5万円、確実に借りるために確認しておきましょう。

 

即日融資が確実な午前中に申し込む

審査時間は最短30分などの言葉を消費者金融でよく見かけますが、実際はそれ以上になるケースも少なくありません。振込融資を希望するなら、午後14時前後までに契約がすべて完了する必要があります。そのため、即日融資が確実な午前中の申込みがベストといえます。

 

申し込みに必要な情報を間違って入力しない

今日中に5万円借りるためにも、申込みの記入は間違いやウソを入力しないようにしましょう。職場や現在の借入れ件数など、ウソの情報を記載しても審査でバレます。間違った情報は再度確認や訂正が必要なので、ムダな時間が発生して今すぐお金を借りられない可能性があります。

 

申し込み時の連絡先は携帯にしておく

信用を高めるために固定電話があった方がいいのですが、連絡先は携帯電話を入力すると契約完了までスムーズに終わります。申込みが完了するまで、携帯電話は離さず持ち歩きましょう。申込情報の不備や確認など、消費者金融から電話連絡が来ることがあるため、すぐに対応できるように準備しておくと安心です。

 

借入希望金額は低めにして申請する

今日中に5万円借りたいなら、借入希望額は10万円~30万円にしましょう。借入額が50万円以上の場合、収入証明書の提出や審査に時間がかかってしまいます。審査を早く終わらせるためにも、初めての申請は低めに希望額を設定しておくと審査が早く終わります。

5万円借りた場合の利息は?返済シミュレーション

今日中に5万円を年率18.0%で借りた場合、返済額はどれくらいになるのでしょうか。返済期間別で返済額と利息額を表にまとめました。

返済期間 返済総額(利息額)
1ヶ月 50,739円(739円)
3ヶ月 51,506円(1,506円)
6ヶ月 52,655円(2,655円)
12ヶ月 55,002円(5,002円)

5万円を年率18.0%で借りると、1ヶ月あたり739円利息が発生します。無利息期間中に返済すると借りた5万円のみで済みますが、それ以上だと利息が多くなってしまうので気をつけましょう。

消費者金融の多くは、最終借入後の借入残高によって変動する「残高スライド元利定額返済方式」です。各社によって返済日を選択できたり、都合に合わせて一括返済できたりします。一括返済は利用日数分の利息を日割り計算するので、予定の返済総額より低くすることも可能です。

今日中に5万円借りたい人には銀行系のカードローンは不向き

今日中に5万円借りるなら、銀行カードローンよりも消費者金融を利用した方が優れたポイントがたくさんあります。しかし、金利の面から見ると銀行系の方がメリットは大きいです。

それなのになぜ、今日中に5万円借りたい人に銀行カードローンをおすすめしないのか、その理由は次のような背景が関係しています。

 

少額融資に対応していない

銀行カードローンの多くは最低借入の限度額が10万円からです。銀行系は金利を低く設定する分、高額融資を希望する人を狙ってサービスを知恵供しています。また、カードローンの審査は、限度額を低く設定するほど有利なので、今日中に5万円借りるなら最低借入限度額が1万円から可能な消費者金融の方が便利なのです。

 

審査基準が厳格化している

お金を借りた後、多重債務に悩まされないために、金融庁は銀行カードローンの審査基準を厳しくしました。これにより、正社員以外で働くアルバイトやパートなど収入が低い人は、銀行カードローンの審査に通りにくくなりました。今日中に5万円借りるのは非常に難しく、利用には不向きといえます。

 

審査に時間がかかるため即日融資に非対応

銀行カードローンの審査は消費者金融より低い金利で利用できるため、その分審査基準を高く設定しています。今日申し込みしても審査結果がわかるのは最短翌営業日が当たり前なので、即日融資はほぼ不可能です。急ぎの人より高額融資を希望している人がターゲットなので、今日中に5万円借りるのは難しいでしょう。

今日中に5万円借りる方法は他にもある

今日中に5万円借りるなら銀行カードローンより消費者金融ですが、それ以外にも借りる方法はあります。お金を借りるには、どの方法もメリット・デメリットがあるので、利用前に確認しておきましょう。

 

家族や知人に借りる

今すぐ5万円が必要なら、家族や知人などにお願いするのが一番早いです。ただし、お願いする相手がお金に余裕がなければ断られてしまうので、即日は難しい場合もあります。

また、たった5万円借りるだけでも信頼関係が崩れる可能性があるので、お願いするときは慎重に考えなくてはいけません。

 

質屋

 
質屋に高値で売れそうなものと引き換えに、お金を貸してもらえます。ブランド品や人気の高い電化製品など5万円相応の価値があれば、今すぐ5万円借りることが可能です。もし金品になるようなものがなければ、見つけなくてはいけません。

デメリットとして質屋が定める返済日まで5万円を返さなければ、預けている品物は引き取られてしまうので気をつけましょう。

 

クレジットカードのキャッシング

クレジットカードにキャッシング枠を設定することで今すぐ5万円借りられます。保有しているクレジットカードで、コンビニなど提携ATMからお金を引き出せるので周囲にバレずに利用できます。

ただし、クレジットカードのキャッシングは金利が高く無利息サービスがありません。金利が気になる人や月々の返済額を抑えたい人は、カードローンの方が向いています。

まとめ:今日中に5万円借りたいなら消費者金融のカードローンが1番おすすめ

今日中に5万円借りる方法は、カードローン以外にもたくさんあります。どれもリスクがあり、状況によって今すぐ5万円借りるのは難しい可能性もあるでしょう。

誰にも迷惑をかけず今日中に5万円必要なら、消費者金融のカードローンがおすすめです。無利息サービスや即日融資する方法など各社によって異なるので、自分に合った消費者金融を選ぶと失敗しません。

タイトルとURLをコピーしました