どうしても3万円必要!!1、2万今すぐ借りたい方必見!お金を即日借りる方法

どうしても3万円必要!!1、2万今すぐ借りたい方必見!お金を即日借りる方法

簡単3秒診断がおすすめ!
土日祝も申込できる

プロミス

WEB申込みなら店舗まで行くことなく最短1時間で融資を受けられるのがプロミスの魅力。簡単で分かりやすい3秒診断も便利です。

フル入力が速くてオススメ
プロミス フル入力がおすすめ

⇒ プロミスの3秒診断はこちらから

今すぐ3万円必要!いや2万円でもいい、最悪1万円でも・・、要はすぐに数万円使う必要があり、工面できないんだ!たかが3万円、されど3万円(あるいはもっと少額)。のっぴきならない事情で今すぐ多くて3万円欲しいというケース、実は少なくありません。

今すぐお金を借りたい人向けのマニュアルは充実しています。

友人に頼んだり、物を売ったりがめんどくさくて、とにかく急いでる方はカードローンがおすすめです
今の問題はすぐ解決に向かいます。
プロミス

もちろん、1万円~3万円の少額であっても借りることはできますが、この金額ならば他の方法で調達できるような気もします。カードローンはどちらかというと10万円~数十万円すぐに欲しい人の借入方法です。

ひょっとすると1万円~3万円ならば、もっと簡単に審査が緩い借り方があるかもしれません。
今回は1万円~3万円の小口現金に限定して、即日借入する方法を考えてみました。

<この記事で言いたいことはざっくりこれ!>

  • 借りる金額が1万円~3万円ならば方法は結構あります
  • 銀行や消費者金融から借入をする前に打てる手があります
  • 利子が高い借入は最後の手段にしましょう

1万円~3万円をすぐ借りる方法9選

今回借りる金額は、1万円~3万円の小口現金です。
数十万円借りるのであれば、しかるべき金融機関や貸金業者で借入をしなければいけませんが、多くて3万円であれば、何とかなる方法も多いです。

そこで、借りる金額を1万円~3万円に限定して、すぐに低リスクで借りる方法を挙げます。
ぜひ参考になさってください。

方法1 クレジットカードの「キャッシング」機能

方法1 クレジットカードの「キャッシング」機能

みなさんがショッピングで使っているクレジットカードには「キャッシング機能」と言って、クレジットカードの信用をもとに、お金を借りる機能があります。

ネット上の手続き、ないし銀行やコンビニにあるATMにクレジットカードを入れることで、条件金額(ショッピング利用枠の30%~80%)まで現金を下すことができます。

口座にお金がなくても現金を引き出すことができ、返済はショッピングの返済と同じタイミングで行います。リボ払いもできます。

ただし、本来のクレジットカードの目的はショッピングの後払いでああり、キャッシングはオプションです。
金利もほぼすべてのカードが利息制限法の上限18%近くになっています。1万円~3万円借りるのであれば、キャシング枠は便利ですが、あくまでこのくらいの金額に抑えるべきで、数十万円借りるのはリスクが高くなります。

お手持ちのクレジットカードですぐ1万円~3万円借りられるので、誰にも迷惑をかけない賢い借り方になります。

その2 友人や家族に頼み込む 1万円、2万円ぐらいなら頼みやすい

その2 友人や家族に頼み込む

信頼できる友人や家族にお金を貸してくれるようにお願いします。「お金の貸し借りは家族でも他人」と言われますが、この程度ならば貸してくれるかもしれません。

もちろん、借りたお金の手当てが付けば、お礼も添えてすぐに返済しましょう。
借り癖が付いていないのであれば、まぁ大目に見てくれるでしょう。

これまでの信頼関係があれば、比較的うまくいくはずです。
ただし、「この人は良く借りる人」と思われてしまうと、関係にひびが入ってしまいます。
親兄弟であっても、金の貸し借りは他人という大前提を忘れないようにしてください。

その3 質種をもって質屋に行く!2万円3万円はかなり現実的にいける

その3 質種をもって質屋に行く!

大きな駅前などには、今も質屋があります。質屋は本来、中古買取業者ではなく、個人が持ち物を担保に入れることでお金を貸すお店です。

質に入れるもの=質種(しちぐさ)がどのくらいのものかで、貸してくれる額(上限)が決まります。
時計、貴金属、ブランド物のバッグ等をお持ちの人は、それをもって質屋に行けば、1万円~3万円であればすぐに貸してくれるはずです。

質種は担保であり、期限までに借りたお金を返済しないと、質屋で売られてしまいます(質屋は売ったお金で貸したお金を回収する)。

返済できるようになったらすぐに返済しましょう。こちらも1万円~3万円であれば比較的容易な借り方で即日もOKです。

質屋でお金を借りる
この記事でわかること ・質屋の仕組み ・質屋で買取額を高める方法 ・質屋を利用するメリットとデメリット ・質屋へ預けられるもの ・質屋とカードローンはどっちがいいか お金は急に必要になるケースが多く、手元にお金がないとど...

その4 職場の小口借入制度がないか調べる

その4 職場の小口借入制度がないか調べる

みなさんの職場には、緊急の用途で現金が必要になった時に、財務部や人事部がお金を貸してくれる制度があるかもしれません。

筆者が以前働いていた会社では、急にお金が必要になり、かつ銀行から下せない人向けに10万円まで人事が貸してくれる制度がありました。ある意味給料の前借りで、返済は翌月給料から天引きだったと思います。

そうした制度があり、職場の迅速な対応が可能ならば、即日、会社に居ながら、1万円~3万円を借りることができるでしょう。

一度そうした職場の小口借入制度がないかどうか調べてみてください。

これなら利子も付きませんし、借りる理由が正しければ、人事考課について不利にもならないはずです。

その5 生命保険の契約者貸付制度を利用する

その5 生命保険の契約者貸付制度を利用する

みなさんが、もし、期間が満期になると「解約返戻金」が戻ってくるタイプの、積立型生命保険に加入している場合、「契約者貸付制度」というものが利用できます。

これは、それまで積立をした保険金の範囲内で(最大90%)、その生命保険金自体を担保にお金を借りられる制度です。

  • 掛金の70%~90%
  • 即日に近いすぐに
  • 審査がなく保険掛金の遅延がなければほぼOK
  • 使用使途は自由

という特徴があります。審査がないので、申し込み→振込までが短く、緊急に1万円~3万円必要になった場合便利です。

この制度を利用するためには、解約返戻金があるタイプの生命保険に加入していないといけません。
今一度、ご自身が入っている生命保険を確認してみてください。

その6 使用使途がはっきりしていて追い込まれているならば「緊急小口資金」

その6緊急小口資金

即日は難しいですが、1週間ほど余裕があるならば、自治体の社会福祉協議会から借入できる「緊急小口資金貸付」を利用してみてはいかがでしょうか?

緊急小口資金のご案内-生活福祉資金等の貸付|社会福祉法人 神奈川県社会福祉協議会

10万円まで無利子で借りられる制度なので、1万円~3万円の借入は問題ありません。
ただし、資金使途が限定されています。

  1. 医療費又は介護費の支払で会計が圧迫され生活費が必要なとき
  2. 火災等被災によって生活費が必要なとき
  3. 年金、保険、公的給付等の支給開始までのつなぎ
  4. 会社からの解雇、休業等による生活費が必要なとき
  5. 税金、国民健康保険料、年金保険料の滞納→支払いにより生活費が必要なとき
  6. 公共料金の滞納により日常生活に支障が生じるとき(支払わないと電気や水道が止められる)
  7. 給与等の盗難でお金が無くなり生活費が必要なとき

等です。

遊興費や外食費に充てることはできませんが、本当に追い詰められて1万円~3万円ないと生きていけない!というときは、自治体の社会福祉協議会に相談してみると、思わぬサポートがあるかもしれません。

\ すぐに借りたい方はこちら /

プロミス

▼ ▼ ▼

その7 借りるわけではないが・・中古品を売っても1万円~3万円は手に入る

その7中古品を売る

借りるわけではなく、モノを売って1万円~3万円を手に入れるならば、即日も可能です。本、ゲーム機、ゲームソフト、CD、DVD等、昔のものも含めて押し入れに眠っているものをかき集めて中古ショップに売れば、数万円にはなるはずです。

これなら1万円~3万円という金額であれば、すぐに手に入れることも可能です。ただし、「BO○○ O○○」などは買取価格が安すぎると言われていて、1本10円とか100円にしかならないこともあります。

その8 ちりも積もれば・・各種ポイントの現金化

その8各種ポイントの現金化

みなさんが普段使用しているクレジットカードや電子マネー、楽天ポイントやTポイントを現金化します。いろいろな貯まっていて使わないポイントをかき集めれば1万円くらいになるかもしれません。塵も積もれば山となるです。

と言っても、直接現金に換えるためには、ポイントサイトなどに登録しなければならず面倒です。ギフトカードに変えて、それを金券ショップに売って・・あるいはポイントでゲームや家電を買って、それを売って・・、手間がかかりますし、その時間バイトした方がコスパがよさそうです。

使っていない大量のポイントがある人限定で、この方法で1万円~3万円用意することができるかもしれません。

その9 消費者金融のカードローンで1万円から3万円なら即日可能

その9 消費者金融のカードローン

その1~その7の方法で手を尽くしても、3万円用意できない場合、借入を行うことになります。即日借りるためには消費者金融系のカードローンを使うしかありません。銀行系は審査に時間がかかります。

即日借入できる消費者金融は

  • プロミス
  • アコム
  • SMBCモビット
  • アイフル

などになります。

即日融資可能なカードローンの申し込みと審査の流れについては
即日融資OKのおすすめカードローン会社はどこ?即日融資の注意点と手順
を読んでください。

友人に頼んだり、物を売ったりがめんどくさくて、とにかく急いでる方はカードローンがおすすめです
今の問題はすぐ解決に向かいます。
プロミス

本件で注意していただきたいのは、多くのカードローンでは借入最低額が10万円になっています。
では10万円借りなければならないのかというとそうではなく、10万円借りるとみなして審査が行われるということです。

10万円借りるための審査に通ることで、1万円~3万円を借りることができます。
利息は10万円ではなく1万円~3万円にかかります。

つまり、「総量規制」は10万円の総量規制になるので、年収30万円以上ないと審査に通りません。
年収要件は1万円~3万円の3倍ではないので注意してください。

しかも、10万円の与信審査でローンカードができるので、実は1万円~3万円ではなく10万円まで借りることができます。
ここで10万円借りてしまうと、返せない利息が雪だるま式に増えていくリスクがあります。

誘惑に負けない、自分を律することができる強い心が必要になり、それがあれば、消費者金融のカードローンで1万円~3万円を借りるのもありです。

しかし、支払利息の問題や、信用情報に「消費者金融から借りた」と記載されるデメリットもよく考えて最後の手段として利用を考えてください。

まずリスクが少ないものから1万円~3万円を借りることができないか考えよう

リスクが少ないものから借りる

どうしても最高3万円必要な時のお金の借り方、工面の仕方を紹介しました。できれば9つ目のカードローンを使わずに、1万円~3万円を借りることができれば万々歳です。

即日、3万円までの融資であれば、人にお願いして何とかなることもあります。無理に金融機関や消費者金融から借りなくても済むことも多く、借入記録を作らない方が将来的なメリットもあります。

どうしてもカードローンで借りないと・・という場合、当サイトの記事も参考にしていただき、リスクの低い借り方をしてください。誘惑に負けて10万円借りてしまった・・、ということがないように、必要最低限の金額を借りる、と意識してください。

1万円~3万円は金額として少ないので、このように借りる手段は多いんです。

1万円~3万円今すぐ借りたい方必見!お金を即日借りる方法 まとめ

1万円~3万円借りる方法 即日 用途
1 クレジットカードのキャッシング 不問
2 家族や友人に頼む 交渉次第
3 質屋 不問
4 職場の小口借入制度 規定次第
5 生命保険の契約者貸付制度 不問
6 自治体の緊急小口資金 限定
7 中古品売却 不問
8 各種ポイントの現金化 不問
9 消費者金融のカードローン 不問
  • 1万円~3万円ならば貸してくれるところや工面できる方法は多い
  • カードローンは金利が高いので最後の手段にしたい
  • カードローンの審査は最少借入枠をもとに行われ、総量規制は最少借入額(≠1万円~3万円)であることに注意する

友人に頼んだり、物を売ったりがめんどくさくて、とにかく急いでる方はカードローンがおすすめです
今の問題はすぐ解決に向かいます。

タイトルとURLをコピーしました